Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/sites/heteml/users/h/i/g/higashi-k/web/higashi-kensetsu.com/index.php:1) in /home/sites/heteml/users/h/i/g/higashi-k/web/higashi-kensetsu.com/system/wp-content/plugins/multi-device-switcher/multi-device-switcher.php on line 118
冷水庵だより | 伊集院の工務店 – 新築住宅のことなら株式会社 東建設 | ページ 3

伊集院の工務店 - 新築住宅のことなら株式会社 東建設

お問合せ:099-272-2566

冷水庵だより

鹿児島マラソン

2016年03月07日(月曜日) カテゴリー:冷水庵だより

DSC_0263昨日 初めての鹿児島マラソンが鹿児島市で開催されました。
錦江湾沿いの道で、景観のすばらしいコースでした。
といっても、管理人が走ったわけではなくて、長女が
短いコースに参加しました。
桜島も 対岸から見て、ランナーの皆さんの
カラフルなユニフォームに声援を送っていたことでしょう。
雨が降るという天気予報もはずれて、本当に良かったです。

鹿児島は今日は夏一歩手前位暖かいです。予想23度だそうです。

土曜日、薩摩川内市 東郷町にある藤川天神に出かけました。
菅原道真公をお祀りする神社で臥龍梅で有名な地です。
たくさんの人出で、露天もいっぱい出てお祭り気分でした。
梅は咲いたが、桜はまだかいな? と
日本人は日々 季節を感じて、風のにおい、雲の流れ
咲く花の香り、いいですね。
しかし、管理人は 藤川天神とか行った夕方から花粉症が
出ました。 えー今年は出ないって喜んでいたのに。
少し憂鬱な それでも心ウキウキの楽しい春は続きます。

早春賦

2016年02月24日(水曜日) カテゴリー:冷水庵だより

DSC_0256春は名のみの風の寒さや
谷の鶯 歌は 思えど
時にあらずと 声もたてず
時にあらずと 声もたてず

もうすぐ、三月 本当に 早春賦の歌詞 のようです。
椿の写真は伊集院の家のものです。
冷水庵では、昔から山椿が何本もあり、咲いています。
春がくると、赤、黄、白、桃色 いっせいに花が咲きます。
いつも思うのが 「主 なきとて 春な忘れそ」という言葉です。
人はいなくても、植物はちゃんと春がくるのを察知して
何年経っても、花を咲かせ、実をつけてくれます。
人の心は一日の間にも、くるくる 変わります。
生きているのだから、仕方ないのかもしれませんね。
今年は冷水庵の手入れにも、充分な時間がさけそうです。
ばたばたしないで、ゆとりを持って、楽しむ余裕を
持ち、少しづつ、やっていきたいものです。
何でも、苦と思えば、苦だし 楽しいと思えば
楽しいのでしょう。楽しむゆとりを 心に持ちたいものです。

春はそこまで

2016年02月01日(月曜日) カテゴリー:冷水庵だより

1月24、25日の大雪で、伊集院も20cm近く積もりました。
(鹿児島 あるある)
雪にあこがれが強いが
本当に雪が降ると ☆ばったい☆
飛行機、バス、JR、市電 全てストップでした。
鹿児島は雪が降ると、大混乱です。
昨日、1月31日 冷水庵 に行ってみました。
梅が開花していました。
もう、春はそこまで、きています。DSC_0271

ミニ同窓会

2016年01月19日(火曜日) カテゴリー:冷水庵だより

管理人は吉利中昭和43年卒です。
1月17日 ミニ同窓会があり、旧交を暖めました。
小さい学校ですので、保育園から長い間一緒なので、
とても、仲良しです。今年は関西での同窓会を控えて
心はもう、うきうきです。
10月の関西同窓会まで、身体に気を付けて、その日を
待ちたいと思います。
長い間生きてくると、身体にもほころびが出てきますが、
不思議なもので、同級生といると自然に、小さい頃に
戻れますよね。元気をもらえます。
帰省されたМさんWさん、またの再会を楽しみにしています。

写真は同窓会とは関係ないのですが、
東市来の美山で昨年あった窯元祭りで孫が焼き物を
造り、その作品?を1月16日に受け取りに行った場所に
石碑が建っていたのでアップしました。
元 外務大臣で 東郷茂徳先生という方です。
名前だけは知っていましたが、すごい経歴の方でした。
興味のある方はネットで調べてみて下さい。
美山は焼き物はもちろん散策コースとしても静かで、
カフェもたくさんあり、とても楽しい場所です。DSC_0255

年の瀬に

2015年12月25日(金曜日) カテゴリー:冷水庵だより

DSC_0232DSC_0231冷水庵だよりを半年間読んでいただいてありがとうございました。
今年の冬はとても暖かくて、吉利の水仙もまだ咲いていません。
22日12月では異例の草刈りをしました。12月に草刈りを
したのは初めてでした。
自画自賛ですが、どなたかがお住まいの家より、綺麗になりました。
これで安心して、お正月も来るでしょう。
お正月が近づくと父と一緒にシラスを採りにリヤカーを引いていったことなどが、
なつかしく思い出されます。
小さい頃の管理人は雨の降らない家に住みたいと思っていました。
瓦屋根と麦わら屋根の継ぎ目から雨がもれていたのです。
寝ていると布団を移動させ、母の嫁入り道具のたらいや
(びんだれ)が雨の下に置かれていました。
管理人は多くは望みません。雨は漏ってもいいのです。
降りさえしなければ。 今 雨の漏らない家に住むことができて
幸せです。
しかし、管理人の原点はやはり雨の降るあの家にあります。
両親と兄弟と祖父と貧乏でも仲良く暮らせた日々が今の支えであります。
未年から申年へ 皆様 御自愛ください。
来年も どうぞ 冷水庵をよろしくお願い致します。

  • 施工実績
  • 古民家 冷水庵
株式会社 東建設
鹿児島県日置市伊集院町徳重214
TEL.099-272-2566
FAX.099-272-2586
知事登録(特-二三)六九〇三号
設計事務所登録(第一-十七-一二六号)

PAGE TOP