Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/sites/heteml/users/h/i/g/higashi-k/web/higashi-kensetsu.com/index.php:1) in /home/sites/heteml/users/h/i/g/higashi-k/web/higashi-kensetsu.com/system/wp-content/plugins/multi-device-switcher/multi-device-switcher.php on line 118
冷水庵だより | 伊集院の工務店 – 新築住宅のことなら株式会社 東建設 | ページ 5

伊集院の工務店 - 新築住宅のことなら株式会社 東建設

お問合せ:099-272-2566

冷水庵だより

シルバーウィークって名前がねえ

2015年09月24日(木曜日) カテゴリー:冷水庵だより

DSC_0127長ーい連休 どうお過ごしでしたか?
管理人は連休に入る前から連休で、姶良市であったBSにほんのうたを
最前列で見たり、YちゃんとRちゃんと誕生日のお食事会に行ったり
してまして、シルバーウィークに入ったら疲れてました。
それでも、鹿児島中央駅にある 屋台村にいったり、指宿の砂楽に行ったり
してました。遠出をする予定でしたが、紅葉の時期にまた行きます。
冷水庵は9月5日に行ったきり、まだ全然きれいでした。
暑さ、寒さも彼岸までとよく言います、皆様ご自愛ください。

冷水庵に秋がきました。

2015年09月07日(月曜日) カテゴリー:冷水庵だより

DSC_0116台風が過ぎ去って、一気に涼しくなりました。
ここ 冷水庵には 彼岸花 が咲き始めました。
お彼岸には少し早いような気もしますが…………。
5日には最近珍しく、草刈りをして、集めて、燃やすまで完了しました。
その美しさたるや、このまま維持できたらいいのにと思ってしまいました。
珍しく助っ人にきてくれる人ありけり。 感謝です。
退職したら、恰好の遊び場になると考えて 今しばらく頑張ります。

浜田橋

2015年08月20日(木曜日) カテゴリー:冷水庵だより

001_IMAGE001

 

冷水庵は日置市の中の日吉町のはずれにあります。とことこ と坂を降りたら吹上町です。
かめまる館という物産館の横を永吉川が吹上浜に向かって流れています。
昔 鹿児島交通線が通っていた頃の鉄橋の橋脚も残っています。
写真の石橋が 浜田橋 です。 姿 形 とても美しく、現在は270号線上にコンクリートの橋が
ありますので、ほとんど車も通らず 昔の面影を漂わせて、ロマンチックです。
管理人はその昔、南薩線(鹿児島交通線)で永吉駅から乗り降りしていましたので、浜田橋は三年間見続けました。
その隣りの鉄橋の上を女子高校生だった私たちは、カバンを胸に渡っていました。制服のスカートのままで。
満潮の時は水も深く、鉄橋の長さも50m位はあったでしょうか? 高さもあり、間隔の違う枕木の恐怖
いったい何を考えていたのでしょう? 青春ですね。 今だったら 多額の現金を頂いても渡れません。
是非 浜田橋、鉄橋の橋脚、吹上浜に落ちる夕陽を 見に お立ち寄り下さい。
次回は冷水庵で草刈りばかりしていると思われがちな、相方ですが、結構 遠出が好きで、
草刈りのない日は出かけますので、社長の休日 を掲載したいと思います。これがまた…………

揚げおかべ

2015年08月17日(月曜日) カテゴリー:冷水庵だより

お盆も終わりました。桜島の噴火警報で心配ですね。災害がないことを祈るのみです。
毎回、冷水庵だよりで皆様にレトロな話題や旬な話をお届けしていますが、
今回はレトロな、管理人にとってはとても切ない話です。
私の父は旧姓 中園 で冷水家(伯父の家)に養子に入りました。冷水家の隣りに
中園家があり、隣りの伯父さんちにもらわれてきたのです。このことが切ない話ではありません。
私が保育園の頃でしょうか、隣りの父の兄が自宅で病気療養中でした。
昭和30年代初めの頃ですね。
私と大の仲良しで、父よりもむしろ毎日遊べるおじさんになついていました。
夕方になると伯父さんの食卓に、油揚げ(揚げおかべ)が出るのです。
その頃どこの家庭も貧しく、食べる物も満足ではありませんでした。
じーっとみつめている私の視線を感じてか、おじさんは揚げおかべを一枚分けてくれていました。
私は揚げおかべがすきだったのか、優しいおじさんが好きだったのか?今となっては………
ある日、おじさんが
「K代、おじさんは明日から、旅(タビ)行たっくっでね」と言いました。
小さい私はどこに行くのだろうと思い、揚げおかべがもう、もらえないと思いました。
そして、伯父とはその日が永遠の別れになりました。
旅といったのは、帖佐の方の療養所に行くという事だったのです。
一年後に伯父が帰ってきたのは、その頃珍しいお骨になってからでした。
今でも、油揚げをするたびに、優しかった伯父の顔が浮かびます。
五、六歳の私にきちんと別れを告げていってくれたことを思い、涙が出ます。
これが生まれて初めて、人と別れた記憶です。DSC_0107魚の形の石です。冷水庵に管理人が産まれる前からあります。

 

むかし むかし……

2015年08月03日(月曜日) カテゴリー:冷水庵だより

DSC_0097あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは冷水庵に草刈に、おばあさんは冷水庵の梅を干していました。
ということで、梅を干しました。晴天続きで降灰もなく、梅干し日和でした。
もうすぐお盆ということで、やはり、誰もいなくても、お盆はきれいにして迎えたいと
思います。それにしても、連日の猛暑で、冷水庵の草刈も、いつまで続くのやら…
と時々悲観的に考えてしまいます。管理人は頭脳労働のみですので、何となく肩身がせまいのです。
朝方、管理人は一度行ったことのある 坊がつる のキャンプ場を思い浮かべていました。
近くに玖ず川源流があり、法華院温泉 が近くて、ああ  また行きたいなあ。涼しかったなあ。
山ガールが流行する前から管理人は山おばさんだったのです。 もちろん体力から考えて
高山は無理で、しかし、装備は ノースフェイスで固めております。形から入るタイプです。
坊がつるキャンプ場行きは 相方に一蹴されました。当然といえば当然の結果です。
大分県ですからね。管理人はいつもそういう調子です。脈絡のない発言を繰り返しています。

  • 施工実績
  • 古民家 冷水庵
株式会社 東建設
鹿児島県日置市伊集院町徳重214
TEL.099-272-2566
FAX.099-272-2586
知事登録(特-二三)六九〇三号
設計事務所登録(第一-十七-一二六号)

PAGE TOP