Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/sites/heteml/users/h/i/g/higashi-k/web/higashi-kensetsu.com/index.php:1) in /home/sites/heteml/users/h/i/g/higashi-k/web/higashi-kensetsu.com/system/wp-content/plugins/multi-device-switcher/multi-device-switcher.php on line 118
冷水庵だより | 伊集院の工務店 – 新築住宅のことなら株式会社 東建設 | ページ 7

伊集院の工務店 - 新築住宅のことなら株式会社 東建設

お問合せ:099-272-2566

冷水庵だより

貧乏家のお嬢様

2015年06月29日(月曜日) カテゴリー:冷水庵だより

DSC_0045長い長い梅雨のさなか、待ちきれずに冷水庵の草はらいをしました。
小雨がしょぼ降る空模様でしたが、周囲の草を刈り、雨樋の掃除をしました。
冷水家のお嬢様である管理人は、貧乏家で育ったわりには、鎌も鍬も持たされませんでした。
なので、草刈機などはもっての他です。 相方にお任せです。
つとめて、頭脳労働に徹するようにしていますが、時々申し訳なく思っています。
管理人でも使える新型の草刈機があると、地元の電気屋さんがすすめますが、高額(25万円位)
なので、今思案中です。
その昔、管理人の通った吉利中は学校林なるものがあり、夏休みになると親子で山の草はらいに
行きました。 鎌を持ったのは多分その時だけでした。 鎌の刃先にけがをしないように、縄が
巻いてありました。生徒はほぼ全員。
「雨が降るとあんたのお母さんがいつも傘を持ってきてたよね。」 と友達が会うたびに言います。
それは、高校生の時の話で、南薩線の駅まで母は傘を持ってきてくれていたのです。それも毎回。
きっと管理人は雨に濡れると溶ける人だったのかもしれません。
甘やかされて、育ったのだと自覚したのは結婚してからでした。 他人は両親のようなわけには
いきませんでした。
貧乏家のお嬢様は今日も頑張ります。

父の誕生日

2015年06月26日(金曜日) カテゴリー:冷水庵だより

DSC_0027昨日6月25日は、管理人の父親の誕生日でした。
明治44年生まれの父は、とても優しい人でした。
今 ブームの軍艦島に住んでいたことがあり、名もなく、貧しく、美しく
といった生き方の人でした。
とても 几帳面で、よく手紙をもらいました。
虫歯の痛む管理人は、小学生の頃、父の自転車の後ろに乗って日置の歯医者さんに
よく行きました。
管理人としては、いろんな業績を挙げられた方々の叙勲の報道があるたびに、
父親にも勲章をあげたいと、いつも思います。
時代に翻弄されながら、89年の生涯を懸命に生き抜いた父に感謝です。
父が一番気にかけていた冷水家も、冷水庵と名前を変えましたが、当分の間は
大丈夫です。    草取り頑張ります。

夕暮れの冷水庵

2015年06月08日(月曜日) カテゴリー:冷水庵だより

DSC_0029

昨日の せっぺとべ は残念なことに 行けませんでした。来年までおあずけです。ごめんなさい。
ここで、冷水庵の成り立ちを少し。
昔、管理人の両親が住んでいた頃は 大小合わせて 四棟 建物がありました。
牛小屋、葉タバコの乾燥室、馬小屋、母屋。 冷水庵は主に馬小屋と母屋を手で解体し、使える材料を寄せ集めて建てました。
捨ててしまえば、産業廃棄物。 馬小屋は材木が大きく、構造材はほとんど馬小屋の材木です。昔 台風 が来たときは
馬小屋に避難したものでした。 注 馬小屋といっても黒牛を飼っていました。
写真の石畳が見えるのは、馬小屋の基礎石の部分に地面に石を自分たちで貼ったものです。
角ばった石は、ユニックを借りてきて、内側、外側を逆にしました。この石は馬小屋が建ってたそのままの位置です。
梅雨のさなか、紫陽花 も咲き誇っています。

 

びわと梅と大名竹

2015年06月02日(火曜日) カテゴリー:冷水庵だより

DSC_0003梅雨が近づく頃冷水庵では毎年ビワと梅が実り、大名竹が出てきます。ビワと梅は老木と言っていいほどですが、毎年律儀に実をつけます。
大名竹は近年、数が減ったようですが、さすが大名竹と呼ばれるように味は最高です。ゆがかずにすぐ食べられるところがいいですね。
ビワと梅と竹の子 私が生まれる前から冷水家で食されていたのでしょうね。 歴史を感じます。
さて、6月7日は日吉町日置の「せっぺとべ」があります。吉利生まれで伊集院暮らしなのに一回も見たことがありません。
今年は「初せっぺとべ」 参加ではなく、見に行きたいと思っています。

冷水庵って?

2015年05月28日(木曜日) カテゴリー:冷水庵だより

冷水庵の管理者の東絹代(旧姓冷水)です。日吉町吉利の実家を土、日でコツコツ伊集院から通って再生しました。
冷水庵の四季を皆様にお届けします。楽しみにご覧ください。

冷水庵

  • 施工実績
  • 古民家 冷水庵
株式会社 東建設
鹿児島県日置市伊集院町徳重214
TEL.099-272-2566
FAX.099-272-2586
知事登録(特-二三)六九〇三号
設計事務所登録(第一-十七-一二六号)

PAGE TOP